読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わーわー言うとりますが

がんばっていかなあかんなー言うてますけど

地域の魅力発信って、自分がやりたいことなのかも。

ふと思った日曜夜。

 

写真撮るの好きやし、いろんなとこに足を伸ばして出かけるの好きやし、

 

そこでしか食べられへん料理も好きやし、なんなら地元の人と話したりも好き。(話しかけるのはちょっと勇気いるけど)

 

そういう性格、趣味嗜好なわけですが、それを仕事にするのも楽しそうやなと。その地域の魅力、風景、料理、人柄、そこでしか味わえない空気感、そんなものを伝える存在ってすごい素敵やなと。ふと思いました。

 

もちろんそういうことをすでにやってるところっていっぱいあるし、観光ガイドブックだってそういう立ち位置やと思う。最近ではジモコロとかSPOTとかのメディアだったり、ホリデーっていうサービスもある。

 

正直、それを仕事にしてるって羨ましいなって思います。望んでその仕事をしてるならなおさら!

 

自分もWebメディアをやってる以上運営の大変さもわかってるつもりやけど、そこから得られるものや自分にとってのやりがいは全然違うやろうなーと思う。

 

当然それをやることでのビジネス的なインパクトは違うかもしらんけど、それはあくまで会社都合というか、かなり極端なことを言うと自分にはあんまり意味がないというか。

 

自分にはまだまだ知らない地域が山ほどあるし、そこに行って初めて知ることもたくさんある。個人的には人の魅力ってどれだけ広く深く経験値を貯めたかによるとは思っていて、その経験値は自分の知らないものにどれだけ出会ったかで変わるとおもってる。

 

知らないものにたくさん出会うだけなら勝手に旅行に行けばって感じやけど、それを自分に落とし込んで伝えていく、っていう作業がより経験値を深くする作業なんかなって。

 

伝える手段が映像なのか写真なのか文章なのか話し言葉なのか様々あるけど、それを受け取った人が魅力を感じてくれるか、もっと言えばなにかしら行動に移してくれるかって考えると、なおさら自分の価値を高めないと難しいことだなと。

 

でも、それってめちゃくちゃおもしろそう!そう思うわけでございます。

 

 

 

ふと思ったことやけど、忘れないように書き留めてみました。

仕事にしたいと思いつつもまだまだふわっとしてるしぼんやりしてます。

でも、将来的にこうしたい、って思いながら日々を過ごすと、またちょっと変わってくるのかなと思いました。

 

今日はこのへんで。