読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わーわー言うとりますが

がんばっていかなあかんなー言うてますけど

タラレバ娘はよしとして、

デモダッテ野郎はどうかしてほしい。

 

口癖のように「でも、〜」とか、「だって、〜」とか。何も建設的じゃない。

 

 

---

 

最近、自分で予算の作成やKPIの設定をする機会がでてきました。というのも、新しいプロジェクトが始動してそこの責任者を任されているからです。でかいプロジェクトの最終ゴールだけがどん、と降りてきた感じ。

 

今までそういった経験はなく、なにもかも手探り状態。予算やKPI以前に、そもそもなにをすればよいのかすらまっさらな状態。なにをどういうスケジュールでやっていけば何が見えるのかすらわからない。

 

そうはいってもいま見えていること・いま出来ることがあるはずで、とにかく仮説を立てて実施・検証・改善をしていくしかない。まず前に進んで、都度軌道修正。そういうやり方しかない(っていうくらい、なんにもない状態。笑)

 

もちろん大変だし難しいし「無茶ぶりかよ!」って思うときもあるけど、一から自分で組み立てて実施してなんらかの結果を出してまたチャレンジして、とにかくおもしろい。

 

今まで上司が作っていた予算だったりKPIだったりも、自分で立ててみて分かることも。「なるほど、だからいま自分にこうやって降りてきてるのか」とか。

 

まだまだスタートしたばかりだけど、いまカレンダーみてびっくりした。プロジェクト言い渡されてからもう1ヶ月経つのか...。あっという間の1ヶ月だけど、知識の吸収量はんぱない。

 

---

 

と、1ヶ月新規プロジェクトにどっぷり浸かってたような書き方だけど、とはいえ本運用じゃないってこともあってこれまでの業務をやりながらという二足のわらじ状態。(新規プロジェクトってだいたいそんなもんか)

 

ただ2つの業務で上長が違う、という点がある。新規プロジェクトをみているのは、本来の業務における直属の上司の、さらに上司だ。つまりいま2人の直属の上長がいて、2人の上長に都度報告したり相談したりしている。

 

そんな中での、冒頭の気付き。最近の違和感。むしろなぜ今まで感じなかったのか不思議なくらいで、とにかく今までの直上司はデモダッテが多いなと感じた。今まではそれに同調してたのかも知れないけど、さらに上の上司(要するに部署のボス)と密に接することで、やっぱり2人は違うなと感じた。やっぱりボスはすごい。

 

と同時に、直上司が、なんか情けなく見えてしまった。

 

これまでの業務のことでボスと直上司が話しているのを見てても、ボスの発言には納得感が大きいし、直上司の発言にはいまいち的を得ていない部分があるというか、「それって、ボスが求めてることじゃないような。」って気がしないでもない。

 

タラレバ娘は(かわいいので)よしとして、デモダッテさんは一緒におりたくないな。

 

 

あんまり具体的に書くとバレるんじゃないかとヒヤヒヤなのでこの辺で(笑) なかなか言いづらい話なので久々に書きました。

 

 

とにかく、本来の業務もしっかりこなしつつ、いまの新規プロジェクトも必ずモノにしよう。

 

 

そしたらボスの直下で働ける、はず。